保険は相互扶助の仕組みが基本になっている

金融商品と言えばお金を預ける銀行預金もあれば株式などへの投資するものもあります。どちらも自分で支出をして自分で引き出したりすることができます。それ以外の金融商品として保険があり、こちらは自分で支出をするものの自由に引き出せない商品が多いです。一定期間支出をすると引き出したり解約できるものもありますが、商品によっては掛け捨てと言って支出しただけで全く資産が残せない商品も存在します。保険の仕組みとして相互扶助がありそれを理解して利用する必要があります。多くの人が将来お金に困るリスクがありますが実際に困る状態になる人は一部の人です。そこで困ると考えている人から広くお金を集め、実際に困った状態になった人がお金を受けて生活できるようになっています。支出したお金を受けられないこともありますがそれは自分自身がお金に困る状態にならなかったことを意味し良い状態と言えるでしょう。安心して生活ができた分加入してよかったとも言えます。